マルチーズ×2いつも一緒に
urutemi.exblog.jp

マルチーズ親子のウルーとテミーのあんなこと☆こんなこと
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<   2007年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧
ご無沙汰デス
すっかり更新をサボり、すっかりご無沙汰してしまいました。
ウルーが亡くなって、もう2週間、でもまだ2週間。

少しずつ、ワタシたちも元気になりました。
ウルーが亡くなったとき、獣医さんが心配したのはテミーのことです。
亡くなった意味は理解できなくても、やはりショックなこと。
「食欲不振になったり、下痢をしたり吐いたり、血尿が出るかもしれません」
と言われていたのですが、幸いな事にそのような身体の不調はみられませんでした。
でも、やっぱりションボリと寂しげです。
ワタシの姿が見えないと、クンクンキュンキュンないてしまうので
のんびりとお風呂にもトイレにも入っていられません。
また、ふとみると・・・
f0005727_1613461.jpg

この箱にくっついて寝ていることがあります。
こんな姿を見ると、なんだかせつなくて涙が出ます。
なぜかというと、実はこの箱、ウルーの棺でした。

テミーは病院から帰るときも中を見ていたし、
数日間、家にいたときは朝晩保冷剤を取り替えるときに
しっかりと箱の中を覗き込んで、ウルーがいることを確認していました。
テミーは、この箱の中にウルーがいることを知っていました。

今回ウルーがお世話になったお寺さんでは、
このような棺のままではなく、身体だけが荼毘に付される決まりになっていました。
なので、後でこの棺や中にいれたおやつなどを
持って帰るのか処分してもらうのかを決めることになっていました。

この箱と一緒に来て、箱を持たずに帰るわけには行きません。
なので、いまでもこの箱の中にウルーがいると思っているのか、
事実をわかっているのかは不明ですが、当分この箱を処分するわけにはいきません。
そして、決して開けてはイケマセン。

一方ワタシはというと
ウルーが亡くなってからというもの、ずっと腹痛に悩まされています。
精神的なことだとは思っているのですが、こんなコトは初めてです。
この腹痛をスッキリと治すためにも、
いつまでもメソメソしているわけにはいきません。
さぁ、元気を出してがんばりましょう。

ウルーがいなくなってしまったので
この「マルチーズ×2いつも一緒に」は今回で終了することにしました。
これからはパート2として
「テミーとふたりで」というタイトルで始めたいと思います。
http://urutemi2.exblog.jp

本当に感謝の気持ちで一杯です。
ありがとうございました。
そして、パート2でも仲良くお付き合いして下さったら
とても嬉しいです。


☆「マルチーズ×2いつも一緒に」終了☆
[PR]
by urutemi | 2007-06-25 16:40 | ワタシのつぶやき
ありがとうございました
夫が出張から戻るのを待って、テミーがいるので「友引」を避けて、
6月15日にこちらのお寺でウルーを荼毘に付することができました。
待っている間に見上げた空は、とっても綺麗な青空でした。

この度は、ウルーにお別れのお言葉を送って下さったり、お手紙に託して下さったり
私やテミーのことを心配するお言葉を下さったり
ウルーのために綺麗なお花を送って下さったり
ウルーにとってもお似合いのブリザードフラワーを見つけて送って下さったり
最期にウルーのお顔を見に来て下さったり
本当に、感謝の気持ちでいっぱいです。
私の気持ちを思いやって下さり、また一緒に涙して下さって、本当に嬉しかったです。
深い悲しみの中、助けて頂きました。
ありがとうございました。感謝の気持ちで一杯です。

ウルーの経過ですが
10日夕方に呼吸が苦しそうになり
11日朝病院で利尿剤を処方してもらい、一旦は家に戻るも、どんどん悪化。
すぐに病院に戻り、夕方まで酸素室に入る。そのあと、少し容態がよくなったので、
そのまま、家で酸素室の準備ができる12日のお昼まで預かってもらうことに。
12日早朝、息を引き取る。
ウルーの場合、クッシング症候群もあったので、
普通の利尿剤や消炎剤などを使うとクッシング症候群のほうが悪化して
亡くなるおそれもあり、先生は苦労したようです。
10日の日中は普段と変わらずに過ごしていたので、
ほんとうに、あれよあれよという間に亡くなってしまいました。

みんなそれぞれ、「そのコらしい最期」というものがあるように思えます。
落ち着いて考えてみると、今回のウルーもとっても「ウルーらしい最期」だったと思います。
ウルーのお母さん犬のロクちゃんは、飼い主さんが心の準備ができるまで、
「もうがんばらなくてもいいから・・・」と思えるまで、
ガリガリに痩せ、毛は抜け落ちてボロボロの姿になるまでがんばりました。
でも、ウルーにはそんなことはできません。
病院で逝ったために、きちんと処置をしてもらい、シャンプーもしてもらったので
その最期の姿はとても綺麗でした。女王様のウルーだもの、こうじゃなくっちゃ。
さらに、夫は海外出張中で私とテミーだけの心細い時期で
12日はテミーの眼科通院の日で
12日のお昼には、レンタルした酸素室が家に届く手配もしてあったのに
携帯酸素も準備してあったのに、
諸般の事情などおかまいなしに、さっさと逝ってしまいました。こんなところもウルーらしい。
でも、「アタシのお星様日を忘れないでよ!」とばかりに
6月12日の夫の誕生日をしっかりと選んで逝きました。ええ、忘れませんとも。
本当に何から何まで、ウルーらしい最期でした。

この手がウルーの感触を覚えていて、お背中をナデナデしたり抱きしめたいけど
もうそれは出来ません。
でも、私の心の中で、もうどこへも行くことなく生きつづけています。
ウルーと出会って始まった物語は終わってしまったけれど
私の心の中にはたくさんの楽しい思い出でいっぱいになりました。
今はまだ悲しい気持ちで泣いてばかりだけど
こんなに幸せな時間を私に与えてくれたウルーに
感謝の気持ちだけが一杯になる日が必ず来ると思っています。

皆様の優しいお気持ちが身に沁みました。
本当にありがとうございました。

綺麗なお花を頂きました。
[PR]
by urutemi | 2007-06-18 16:54 | ワタシのつぶやき
お知らせ
2007年6月12日早朝、病院にて
ウルーは「僧坊弁腱索断裂による急性肺水腫」によってお星様になりました。
f0005727_15312471.jpg

あまりにも突然の出来事で、なにがなんだかよく理解できずにいます。
[PR]
by urutemi | 2007-06-12 15:33 | ワタシのつぶやき
5月の1枚
あっという間に「今月の1枚」を決める時期になりました。

「5月の1枚」は、この写真に決めたいと思います。
f0005727_1531921.jpg

この何でもないテミーのヘソ天寝姿ですが、
恐怖症からの不眠症が悪くなったり、少しよくなったりが続き
毎日一喜一憂して過ごしていました。

そんな時、ソファでこんな無防備な姿で寝てくれて、
少しうれしかったことを覚えています。
f0005727_1536196.jpg

昼間でも怖いスイッチが入れば、ドキドキオドオドしていました。
でもこんな姿ができるのは安心している証拠ですものね。

なので、ワタシがウレシク思ったこの1枚を選びました。
そしてこの題名は
「こんな姿もワタシの嬉しさの元」
としたいと思います。

テミーの恐怖症を克服するには、まだ時間が必要です。
でも、必ず以前のような自然な笑顔が毎日できるように
あれこれ努力を続けていこうと思っています。
落ち着いた笑顔ができるようになったら
きっとそれは「今月の1枚」に選ぶことになりそうですよね。
[PR]
by urutemi | 2007-06-10 15:51 | 今月の1枚
落ち着ける場所にする方法
今日は朝一番でウルーはオットとお出かけしました。
f0005727_165143.jpg

年に一度のワクチンのお注射です。
そうとも知らず、「だっこバック&自転車」のお気に入りのセットで出かけていきましたよ。


先日のカウンセリングで、「ひとりで落ち着ける場所を作りましょう」
ということで「クレートの準備」という指導があったので、早速ネットで注文しました。
f0005727_16627100.jpg

クレートといっても、普通のキャリーバックでもいいという事なので
f0005727_1672524.jpg

組み立て完了です。さぁテミーちゃん、どうぞ!
って早速、入ったのは
f0005727_1685911.jpg

コレはテミーちゃんのですよ。

なかなか入ってくれないテミーには、おやつを使って入ってもらいましょう。
f0005727_169569.jpg

そうですそうです。ついでにそこで「フセ」なんてしてみましょう。
f0005727_16103566.jpg

号令に従えたので、もちろんおやつはあげますョ。
f0005727_16112348.jpg

ちょっとちょっと、ウルーちゃん。
f0005727_16115536.jpg

コレはテミーちゃんのために買ったんですケド。
f0005727_16123374.jpg

ダメですっ!

おやつを使って中に入っても、すぐ出てきちゃうし、
コレを「安心して落ち着ける場所」と認識してもらうには、どうすればいいのでしょうか?
用意してはみたもの、まだまだ課題は山盛りです。
[PR]
by urutemi | 2007-06-08 16:25 | 毎日
カウンセリングへ
テミーの不眠症や恐怖症も一時よくなっていたので
カウンセリングの予約を延期してもらったのですが、
やっぱりぶり返してしまったので、正式に予約することにしました。

そして、いよいよカウンセリングの日になりました。
f0005727_1615228.jpg

病院へ・・・と思うとドキドキ緊張してしまうテミーのために
ウルーとオットも一緒に出かけて、なんとなく「普通のお出かけ」を装いました。

カウンセリングは病院ではなく、先生の研究室で行います。
出ていらした先生を見て、「どこかで見たような・・・・」
雑誌の「いぬのきもち」によく登場する先生でした。
カウンセリングは、イヌたちを自由に歩かせてその様子を観察
飼い主の聞き取り調査で進められました。その結果、

①基礎プログラムの実施
②「フセ」の強化
③クレートの準備
④ただのものは何もない法
⑤脱感作
の治療法を診断してもらいました。

自分の確認のために、もう少し詳しく書き留めておこうと思います。
①ご褒美を使ってイヌに楽しい思いをさせて、飼い主に集中して号令に従うことを学びます。
このプログラムがきちんといつでも出来るようになれば、恐怖を感じたときに行うことにより、
少し恐怖心をそらすことができ、その先のパニックに進まなくする作戦です。

②「フセ」の姿勢は「オスワリ」より、落ち着くことができる姿勢です。

③「安心してひとりでもリラックスできる場所」を作るためにクレートを準備します。

④何か要求したとき、タダでは行わず、必ず「オスワリ」などの動作をさせてから行うようにします。
⑤基礎プログラムと合わせて、恐怖の対象に少しずつ慣れさせる方法です。

他には
f0005727_1642868.jpg

授乳中の雌の哺乳類が出す「鎮静フェロモン」は子供を安心させる作用があるので
それを合成して作られたリキッドを購入しました。
そのフェロモンにより、ストレスを軽減できるそうです。
これを寝るときに使うと、安心して眠れるかもしれません。

先生の診断では、
「薬を使えば少し早く治るかもしれませんが、このような方法できっとよくなると思います」
と言ってもらえました。
テミーよりももっとひどい恐怖症のコも何頭も診断した先生なので、期待できます。
f0005727_16534175.jpg

毎日欠かさずトレーニングを続けることが大切です。
f0005727_16543015.jpg

一緒にがんばりましょう。
もとのテミーちゃんに戻りましょうね。


研究室で先生に行動を観察されている間、
その部屋にいたちょっとヒマそうな他の先生をしっかり見つけて、
チャッカリお背中をナデナデしてもらっているウルーです。
何事にも動じないその堂々とした女王様っぷり、小心者のテミーに分けてもらいたいです。
[PR]
by urutemi | 2007-06-06 17:07 | 毎日
07 初夏の旅 そのに
おはようございます。今日もいいお天気ですよ。
f0005727_1552835.jpg

しっかり朝食を頂いたら、出発です。

熱海を目指して国道135号の海岸線を走ります。
まずは「ハーブ&ローズガーデン」へ行ってみましょう。
入園すると、専用のバスに乗って山頂まで運んでくれます。
そこからダラダラ観賞しながら下ってきます。

最初にあったのが、日本庭園です。
f0005727_15595544.jpg

それから次々、たくさんの薔薇などのお花で作られたお庭が続きます。
f0005727_1614828.jpg

f0005727_162516.jpg

f0005727_1621825.jpg

と、見事な咲きっぷりにただただ感心。

ハーブも負けずに咲いていました。
f0005727_1642430.jpg

この日はガーデンウエディングも行われていましたよ。
f0005727_16543.jpg

ゆっくり散策して下りてくれば、ランチの時間。
f0005727_166442.jpg

園内のレストランで
f0005727_1662870.jpg

きのこのパスタを頂きました。結構美味しかったデス。

お腹も一杯になったので、これから山を越えて山中湖を目指します。
芦ノ湖はもちろん、相模湾も見える芦ノ湖スカイラインはとても風光明媚な道路です。

ティータイムは山中湖のこちらのカフェで。
f0005727_16132773.jpg

テミーちゃんたちには、「ブルーベリーのパウンドケーキ」
f0005727_16142793.jpg

ワタシは「マンゴーのロールケーキ」
f0005727_1615082.jpg

お店の裏は、山中湖。
f0005727_16153163.jpg

ここからの帰りは、オットの運転で。
後ろの席でくつろぎます。お家まで安全運転でお願いしますョ。
f0005727_16165685.jpg

ぐっすりおやすみしていいですよ。

今回の旅は、urutemi家年末年始の旅行のためのお宿の下見でした。
泊まってみたらよかったので、こちらを予約しようと思ったのに
もう年末年始は満室だって。あらら。
で、結局今年と同じ、桜のペンションさんをまた予約しました。
[PR]
by urutemi | 2007-06-04 16:31 | 旅行
07 初夏の旅 そのいち
梅雨になる前に、暑くなる前に。
urutemi家初夏の旅は伊豆をめざしてGOGO!

東京から伊豆半島を目指す場合
小田原から国道135号を通る海コースと
ターンパイク・伊豆スカイラインを通る山コースがありますが
このところのお気に入りは山コース。
伊豆高原に曲がるまで、信号がひとつもナイので
ビュンビュンスイスイで、あっという間に伊豆城ガ崎海岸に到着です。

f0005727_1630454.jpg

今日のランチはこちらのカフェで。
f0005727_16322915.jpg

テラスのお席も気持ちよさそうですが、やっぱり暑いので店内で。
普通のカフェかと思ったら、
f0005727_16334825.jpg

こんなかわいい器&マットでお水のサービスがあり
f0005727_16342767.jpg

「おからのハンバーグ」なんていうワンちゃんメニューもあり
f0005727_16352478.jpg

こんなソファーにも敷物を敷かなくても乗ってOK!だったりと
とってもワンちゃん歓迎のカフェでした。

そして、ワタシは
f0005727_163647100.jpg

ビーフシチューを頂きました。
さて、お腹も一杯になったので、安心して観光しましょう。
f0005727_16373480.jpg

今が見ごろと噂の「かわづ花菖蒲園」へ行きましょう。
f0005727_16392929.jpg

とっても綺麗に咲き誇っていました。
夜はライトアップもするそうです。

次は
f0005727_16402898.jpg

河津バガテル公園」へ
f0005727_16424718.jpg

こちらも薔薇が見ごろです。
f0005727_1643338.jpg

園内どこもかしこも薔薇だらけ。
f0005727_16432431.jpg

園内のカフェで一休み。
f0005727_16444464.jpg

暑くてちょっとくたびれましたので、糖分補給を致しましょう。
f0005727_16453131.jpg

このケーキ。お味は美味しいのですが、
自力でよく立っているものだと感心するほど、ペラペラにうすく切ってありました。
f0005727_16463479.jpg

テミーちゃんはさっきのカフェでハンバーグを食べましたからね。

今回のお宿はこちらです
[PR]
by urutemi | 2007-06-03 17:11 | 旅行