マルチーズ×2いつも一緒に
urutemi.exblog.jp

マルチーズ親子のウルーとテミーのあんなこと☆こんなこと
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:病気のこと( 9 )
「備えあれば憂いなし」作戦
第一弾・「テミーちゃんの道」計画

テミーの右眼は緑内障から白内障を発症して、今ではほとんど見えていません。
でもまだ左眼は大丈夫、見えています。
ただ、緑内障は両眼性と言われているので、いつ左眼も発症するかわかりません。
なので、少しでも見えているうちにアレコレ準備をしておこうと考えています。

両目が見えなくなっても、住み慣れた家の中では
結構平気に暮らしていけると聞いています。
それでも、少しでもその情報は多いほうがいいと思いました。
f0005727_16264162.jpg

見えなくなったら、次に頼りになるのが足の裏の情報ではないかと考えて
タイルカーペットをはがして、別のマットにして「テミーちゃんの道」を作ってみました。
玄関から歩いてきて、このマット道に変化したらリビングに到着です。

そして、この①マット道をトボトボ歩いていき、②タイルカーペットに変わり
③お水敷きマットを踏めば
f0005727_16295733.jpg

お水だって飲むことができますよ。
このマット道の位置がわかれば、おトイレにも行けそうです。
左の和室と右のリビングの真ん中あたりに敷いたので
それぞれの位置関係がわかりやすいのではないかしら。

また、テミーの大好きなキッチンに行くには
f0005727_16333769.jpg

タイルカーペットから、いままでのカーペットに変化すれば
そこを曲がればキッチンに入れます。
あとまだ考えなくてはいけないのが
f0005727_16435328.jpg

ワタシの部屋に入る方法です。
なにかポイントを作らなければいけません。

見えるうちに、何度も何度も歩いて覚えてもらえたらと思っています。
f0005727_16454988.jpg

そんなコトを言ってますけど、ウルーちゃんだっていずれ役に立ちますよ。
でも確かにまだ試行錯誤の段階なので、ついついお買い得マットを買ってしまい
なんともビンボーくさい部屋になってしまったのは否めませんケド。
それと、狭い家でヨカッタ。
f0005727_16464611.jpg

母に任せておきなさい。
テミーちゃんのために、まだまだいろいろ考えてあげるからね。

どうか皆様も「こんなアイディアどうかしら?」がございましたら
どしどし教えて下さいね。
[PR]
by urutemi | 2007-04-04 17:15 | 病気のこと
悲しい現実
テミーの眼はこんなに綺麗なのに・・・・・
f0005727_20224854.jpg

火曜日は2週間に1度の眼科の検診の日でした。
「白内障が進行して、もうほとんど見えていないと思います」
と先生に言われてしまいました。

緑内障の手術をすると、白内障を起しやすいと聞いていました。
なので、最初はテミーも緑内障と白内障の手術を一度にすることが検討されていました。
でも、それはあまりにも負担が大きいと判断されました。

手術後に激しい炎症を起したことによって、白内障の進行を早めてしまったようです。

2週間前には、少し白内障があらわれていた程度でした。
うちはウルーも白内障で眼が白く濁っています。
それに比べればまだテミーは大丈夫と思っていたけど
2週間の間にかなりのスピードで進行してしまったようです。
どうやらウルーのは、眼の表面、角膜混濁のようで
テミーは水晶体の濁りなので、見た目ではわからなかったようです。

緑内障から視力を守るために手術をしたのに
そのために白内障になり、結局視力が失われてしまいました。
がんばったけど、テミーの右眼の視力を守ってあげることができませんでした。
とてもむなしく、悲しく、やりきれない現実にただ泣けてきてしまいます。

緑内障と失った視力は別・・・・・とわかっていても
視力のない右眼に、今まで通りに目薬をさし続けることがちょっとせつないです。
緑内障で視力を失うのと違って、白内障ではたぶん痛みがないことが救いです。
手術で右眼に入れた装置が少しでも長く使えること。
そして、両眼性と言われている緑内障。
残っている左眼ができるだけ長く発症しないでくれることを願うばかりです。

f0005727_20404610.jpg

こんなに綺麗な眼なのに・・・・・
[PR]
by urutemi | 2007-03-21 20:52 | 病気のこと
さらにウレシクなりました
テミーの通院の回数がさらに減りました。
今度は来週の火曜日です。
いよいよ週に1回のペースになりそうですよ。
さらに、目薬も5種類から4種類になり、1日3回から2回になりました。
そして、飲んでいたステロイドも中止になり
いろいろなコトが一気によい方向へ向かっています。
f0005727_1545367.jpg

手術からほぼ2ヶ月が経ちました。
治る病気じゃないけれど、このよい状態が1日でも長く続くことを祈りつつ、
ワタシのキモチはとっても晴れやかです。
f0005727_15494480.jpg

いつも励まして下さって、本当にありがとうございました。
とっても嬉しかったデス。

さっそく働いてもらってます
[PR]
by urutemi | 2007-02-06 16:04 | 病気のこと
愛があれば大丈夫
「そんなコト、自分で考えなさい」って言われても仕方がないお願いだったのに
皆様ほんとうに我が事のように考えて下さり、
そしてコメントやメールや電話で思いを伝えて下さって
本当にありがとうございました。

どんどん悪いコトばかり考えてしまい、
正しい判断や冷静さをなくしそうになっていましたが、
皆様のそれぞれの思いを読ませて頂くうちに
少しずつ落ち着きを取り戻すことができました。

寄せて下さった皆様の思いは、純粋にテミーのことだけであるのに
一方のワタシは「テミーのために」と言いながら、
自分がいかに後悔しないで済むかばかりを考えていたように思います。

「視力よりもっと大事なコトがある」
皆様のお陰で、気づくことができました。
これからさき、どんな状況になるのかわかりませんが
選択をするときの大事な基本を教えて頂けたように思います。
自信を持ってテミーとともに、また一歩進むことができました。
感謝のキモチで一杯です。ありがとうございました。
f0005727_1621534.jpg


愛の大盤振る舞い
[PR]
by urutemi | 2007-01-23 16:50 | 病気のこと
テミーが望むこと
テミーは緑内障です。
眼球内には房水が循環していて、産生と排泄が一定に保たれて眼圧が維持されています。
緑内障は何らかの原因で房水の排出が阻害され眼圧が上昇した状態です。
治療しても治ることはなく、いずれ失明してしまう病気です。

それでも、少しでも見える期間が長くなればと思い、12月に手術をしました。
その手術は房水の排出を助けるために新たな装置を挿入しました。
ただ、その装置は一生モノではなく、
常に管理・メンテナンスをしていかなくてはいけません。
眼は異物に対する抵抗が強く、その装置を無きものにするための物質が出て、
装置を取り囲んで機能させなくしようとします。
そうなると、また手術で囲まれた部分を切開しなくてはいけません。
それは、早くて1ヶ月、平均3ヶ月くらいで起きる現象です。
さらに、挿入した装置は切開を続けることにより使用できなくなるので
また別の場所に同じ装置を挿入する手術をしなくてはいけません。
なので、この先テミーの視力を保つためには手術をし続けなくてはなりません。

確かに最初の手術の時、再手術が必要なことは聞いていましたが、
術後の経過が想像以上にあまりにも悪かったので
この先、手術をし続けることに不安を感じ始めています。

どんなにがんばってもいずれ失明します。
緑内障は視力が無くなったあとでも眼圧の上昇は続き
それはひどい痛みを伴うことなので、眼球摘出・義眼挿入の手術は必要になります。

テミーの場合、心臓病の僧坊弁閉鎖不全症の症状も出始めているので
手術による全身麻酔はいのちがけになります。

手術はテミーに痛みや苦しみ、ストレスを与えます。
たとえば、それで完治するのなら辛くても我慢してもらいます。
でも、治らないものに対しての手術を一体いつまで受けさせたらいいのか、
テミーにとって本当に必要なことなのか・・・
ワタシは判断できなくなってきています。

緑内障は両眼性なので、今は右目ですが、左目にも発症するかもしれません。
そのことも含め、今すぐにではないけれど、
テミーの治療方法について選択をしなければなりません。

ワタシはテミーの幸せを一番に考えています。
テミーはどう思っているのでしょうか。
f0005727_2153591.jpg

なのか、
f0005727_2155191.jpg

なのか・・・・・それとももっと別のことを思っているのか・・・・

テミーの将来はワタシの判断に委ねられています。
その責任の重さに押しつぶされそうになり、とても苦しいです。

f0005727_216628.jpg


みなさんだったら、どうされますか?
また、何かを選択しなくてはいけないとき、
ポイントにしていることや基準にしていることなどありますか?
どうか教えて下さい。
[PR]
by urutemi | 2007-01-20 21:21 | 病気のこと
がんばったよ!
12月11日の手術から10日経ち
テミーの状態もだいぶ良くなってきました。
術後から続いていた炎症も治まりつつあり、今週の月曜日の午後以降
眼圧も上がることなく、正常な状態が続いています。
f0005727_15445651.jpg

眼の状態が良くなるにつれて、表情もどんどん出てきましたョ。
いつもの「テミーちゃんのお顔」になりつつあります。

先週は心配で心配で夜も眠れず、メソメソばかりしていました。
そんなある夜、ワタシの頭の中で
「きっと、大丈夫」という女の人の声が聞こえました。
もしかすると、こんな情けない姿のワタシをみかねて、
亡き母がささやいてくれたのかもしれません。

これでもう、テミーもワタシも大丈夫。
悲しくて辛くて苦しかったとき、
皆様の励ましのお言葉に勇気付けられました。
そして、とても嬉しかったです。
本当にありがとうございました。
[PR]
by urutemi | 2006-12-21 16:06 | 病気のこと
がんばれ、テミーちゃん!
12月11日の手術の経過報告をさせて頂きますね。
眼の中にバイパスを通して、その装置で排出できるようにする手術を行いました。
手術のあとに起こる炎症は、どんなコでも見られることなのですが
テミーの場合、先生が想像を絶するくらいそれが激しく、長く続いています。
その炎症により、バイパスが詰まり眼圧が上昇しています。
眼圧が上昇するたびに、眼に針をさして溜まった液を抜かなければいけません。

でも、最初は6時間くらいで眼圧上昇が見られたのですが、
少しずつ、その時間が長くなってきました。なので、
1日中入院→入院中でも間の3時間くらい帰宅→帰宅して1日3回通院→1日2回通院
と家で過ごせる時間が増えてきました。

家ではぐったりと寝ていますが、
それでも一緒にいられる時間が増えたので、少し安心です。
テミーも入院中はストレス性の下痢ピーになっていましたが、それも大分治まってきました。
少しずつでも炎症が治まって、手術で入れた装置がちゃんと機能することを願うばかりです。

甘えん坊のテミーだと思っていたけど、
とてもがんばってくれています。
そんな姿に、ワタシもメソメソなんてしていられません。
テミーに負けないように、がんばらねばっ!

皆様にはご心配や暖かいお励ましを頂き、本当に感謝しています。
テミーとふたりだけで戦っているのではないと勇気が湧いてきました。
元気になったョというご報告まで、まだ時間がかかりそうですが、
きっと必ず元気になってみせますので、待っていて下さいね。
ありがとうございました。

そうそう・・・
食いしん坊のテミーは入院中でも出されたゴハンをパクパク美味しく頂いていたようです。
でも、下痢ピーのたびに唯一タノシミのゴハンを抜かれ、さらにストレスから
入院前には4.85キロあった体重が4.2キロに激ヤセしてしまいました。
まんまと、ダイエットの必要はなくなりました~
[PR]
by urutemi | 2006-12-17 12:29 | 病気のこと
決戦の日デス
今日はテミーの手術の日です。
全身麻酔をかけるので、朝から絶食です。
f0005727_1521575.jpg

朝のヨーグルトもナシ、おトイレをちゃんとできたのにおやつもナシ
目薬したのにおやつもナシ・・・・・・
モチロン、朝ゴハンもナシです。
いつもと違う状態を敏感に感じ取っていました。
f0005727_15235746.jpg

さぁ出発しましょうね。
f0005727_15242775.jpg


手術にあたり、テミーの持病のことやお願い事などのメモを作ったり
f0005727_15255054.jpg

心臓のお薬は毎日飲まなくてはいけないので
f0005727_15272144.jpg

とりあえず3日分用意して持っていきました。
母は何かと心配性です。

今回の手術は、眼圧が上がるのを防ぐためのバイパスを通す手術です。
緑内障が治るわけではないけれど、
少しでも長く「見える」状態が保てるようにと、行います。
当初予定していた水晶体の手術は見送ることになりました。

手術は3時過ぎ。
朝から飲まず食わずで、手術前に空腹で倒れなきゃいいけど・・・・・


f0005727_15301744.jpg

飼い主もお付き添いで一緒に入院できればいいのに。
誰よりもドキドキなワタシです。
[PR]
by urutemi | 2006-12-11 15:42 | 病気のこと
ボケた頭には視覚で
テミーの病気が発症して以来、目薬は欠かせなくなりました。
1日3回、3種類を15分以上あけて。
それ以外にも、ウルーもテミーも何かとお薬やサプリを飲んでいます。
それも忘れるわけにはいきません。
f0005727_1559756.jpg

そうなんですよね。
うっかり忘れるなんてコトは許されません。
そこで、ワタシは考えた。
f0005727_160729.jpg

こんなふうに表にまとめて、でかでかと壁に貼ってみました。
眼で見て確認です。
このさい、見苦しさなんて構っちゃいられませんョ。
さらに、
f0005727_162870.jpg

目薬をさした時間を記入するようにしました。
このボードを目に付くところに置いておきます。
15分間隔・・・コレが結構ビミョーです。
さすことを忘れそうだし、さしたことも忘れそうなんですもの。
f0005727_1633464.jpg

それぞれの時間が終わったら、片付けるフックも取り付けてみました。
何かをすることで忘れないし、やることのリズムもつかめてきましたよ。
段々と習慣付けられて、忘れなくなるものです。

テミーにとって目薬は眼圧上昇が抑えられる命綱。
最初の頃は、「忘れちゃなんねぇ!」の強迫観念でヘトヘトになりました。
f0005727_1694445.jpg

でも、もう大丈夫。母に任せなさい!
[PR]
by urutemi | 2006-11-06 16:26 | 病気のこと