マルチーズ×2いつも一緒に
urutemi.exblog.jp

マルチーズ親子のウルーとテミーのあんなこと☆こんなこと
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ご無沙汰デス
すっかり更新をサボり、すっかりご無沙汰してしまいました。
ウルーが亡くなって、もう2週間、でもまだ2週間。

少しずつ、ワタシたちも元気になりました。
ウルーが亡くなったとき、獣医さんが心配したのはテミーのことです。
亡くなった意味は理解できなくても、やはりショックなこと。
「食欲不振になったり、下痢をしたり吐いたり、血尿が出るかもしれません」
と言われていたのですが、幸いな事にそのような身体の不調はみられませんでした。
でも、やっぱりションボリと寂しげです。
ワタシの姿が見えないと、クンクンキュンキュンないてしまうので
のんびりとお風呂にもトイレにも入っていられません。
また、ふとみると・・・
f0005727_1613461.jpg

この箱にくっついて寝ていることがあります。
こんな姿を見ると、なんだかせつなくて涙が出ます。
なぜかというと、実はこの箱、ウルーの棺でした。

テミーは病院から帰るときも中を見ていたし、
数日間、家にいたときは朝晩保冷剤を取り替えるときに
しっかりと箱の中を覗き込んで、ウルーがいることを確認していました。
テミーは、この箱の中にウルーがいることを知っていました。

今回ウルーがお世話になったお寺さんでは、
このような棺のままではなく、身体だけが荼毘に付される決まりになっていました。
なので、後でこの棺や中にいれたおやつなどを
持って帰るのか処分してもらうのかを決めることになっていました。

この箱と一緒に来て、箱を持たずに帰るわけには行きません。
なので、いまでもこの箱の中にウルーがいると思っているのか、
事実をわかっているのかは不明ですが、当分この箱を処分するわけにはいきません。
そして、決して開けてはイケマセン。

一方ワタシはというと
ウルーが亡くなってからというもの、ずっと腹痛に悩まされています。
精神的なことだとは思っているのですが、こんなコトは初めてです。
この腹痛をスッキリと治すためにも、
いつまでもメソメソしているわけにはいきません。
さぁ、元気を出してがんばりましょう。

ウルーがいなくなってしまったので
この「マルチーズ×2いつも一緒に」は今回で終了することにしました。
これからはパート2として
「テミーとふたりで」というタイトルで始めたいと思います。
http://urutemi2.exblog.jp

本当に感謝の気持ちで一杯です。
ありがとうございました。
そして、パート2でも仲良くお付き合いして下さったら
とても嬉しいです。


☆「マルチーズ×2いつも一緒に」終了☆
[PR]
by urutemi | 2007-06-25 16:40 | ワタシのつぶやき